どのタイプが合う?化粧水の種類

肌の悩みがない!もしくは乾燥が気になる人はコレ

化粧水と一口に言っても、様々な種類があるのを知っていますか。化粧水によっては、得られる効果や目的が違ってきます。「せっかく高い化粧水を買ったのに、目指している肌になれない」なんてことを避けるためにも、化粧水にどんな種類があるのか知って、自分の肌に合ったものを選んでください。そもそも化粧水とは、肌に水分を与えてpH値を弱酸性に整え、次につける美容液やクリームが馴染むように肌を整えてくれるものです。一般的な化粧水は、保湿化粧水や柔軟化粧水とも呼ばれています。肌に潤いを与えて柔らかくし、肌の状態を整えます。特に肌トラブルのない普通肌や乾燥肌の人などに幅広く使われています。保湿成分としてヒアルロン酸やグリセリンがよく配合されています。

美白?さっぱり肌?目指す肌で化粧水が違う

ここからは肌の悩み別に見ていきましょう。まずは、日焼けやシミ、そばかすが気になる人には美白化粧水がおすすめです。美白化粧水は、肌色のトーンアップをしてくれて、肌本来の持っている白さを目指します。元々の肌色より白くするという意味ではない、ということを知っておきましょう。シミやそばかすの原因になるメラニン色素の生成を抑えて防いでくれます。また、肌を引き締める効果がある収れん化粧水は、脂性肌の人に向いています。アルコールが配合されているのでさっぱりとした使い心地で、毛穴を引き締めてテカリを予防してくれます。顔の部分によって肌タイプが違う人には、2本使いがおすすめ。オイリーになりやすいTゾーンには収れん化粧水を、頬やその他の部分には保湿化粧水を使い分けることもできます。化粧水の種類とそれぞれの違い、そして自分の肌がどんな状態かわかれば自分にとってベストな化粧水が選べますね。