手で?コットンで?スキンケアで使うべきアイテム

ローションの正しいつけ方を知る

美しく若い肌を保つためには洗顔後のスキンケアは欠かすことができません。人によって使っているスキンケア化粧品は違いがありますが、まずは化粧水で水分を与えるケアを行う人が多くなっています。このとき、手でつけるべきか、コットンでつけるべきかで悩んでいる人もいるのではないでしょうか。化粧水のつけ方は、手でつけてもコットンでつけてもどちらも間違いではありません。それぞれに合う方法を選んでいきましょう。とはいえ、化粧水の種類によってはコットンが必要なものもあります。化粧水には古い角質や肌の汚れをふき取るタイプのふき取り化粧水がありますが、この場合はコットンが必要になります。肌に余計な刺激を与えないことも大事ですので、コットンは肌に優しいものを選びローションをたっぷりと含ませてから優しくふき取りましょう。

ローションパックをするなら

化粧水の特徴によっても、手を使うかコットンを使うかは変わってきます。とろみの少ないさっぱりとした化粧水を使うのであれば、コットンを使うと顔全体にまんべんなくつけることができます。逆にとろみの多いタイプの化粧水であれば、手を使うほうがつけやすい傾向にあります。コットンを使うメリットとしては、パッティングがしやすいことがあげられます。肌の表面を潤すだけではなく、よりしっかりと保湿したい場合はコットンを活用することがおすすめです。そして、コットンはローションパックもできますので、乾燥が気になるときのケアに向いています。コットンを使わずに手で化粧水をつけるメリットとしては、肌の状態を確認しやすいことがあげられますし、コットンの繊維が肌に残ることを防げるということがあげられます。